もしあなたが今、PPCアフィリエイトで稼げていないのなら、その理由は単純明快です。

 

本来なら確実に獲得できていたはずの利益を、ただ単に取こぼしているだけなんです。

 

したがって、あなたが本来獲得していたはずの利益を「取り戻す術」さえ身につけたら、たったそれだけでのことで、成果報酬は爆発します。

 

"本来ならあなたのもの"であるはずの利益を「取り返す」だけの話なんですから、新たに難しいスキルを身につけたり、手間のかかる作業を行うこともありません。

 

そんな方法をあなたは知りたいとは思いませんか?

 

今すぐ知りたい!という場合のみ、以下を漏らさずご一読ください。

 

わずか「3つのポイント」を押さえるだけで、あなたのPPCアフィリエイトが着実に進化していくことを保証します。

あなたの足元には報酬というお宝がザクザクと眠っています

あなたはダンジョンという言葉をご存知ですか?

 

もともと土牢とか地下牢という意味なんですが、どちらかと言うとRPG(ロールプレイングゲーム)での冒険の舞台をイメージした方がわかりやすいかもしれませんね。

 

RPGをやったことがあるならわかると思いますが、ダンジョンの中には主人公を陥れるための様々な罠が仕掛けられています。

 

それにも関わらず勇敢な主人公はダンジョンの中を深く深く突き進んでいきます。
なぜそんな危険を犯してまで主人公はダンジョンの中を冒険するのか?

 

それはダンジョンの中には目も眩むようなきらびやかな金銀財宝・お宝の山が隠されているからです。

 

「そこに山があるから」 これはある有名な登山家の名言ですが、
「そこにお宝があるから」 冒険家が冒険をする理由としてはもうこれで十分です。

 

「そんな話とPPCとどんな関係があるの?」
あなたはこう思われたかも知れません。

 

しかし実は大いに関係があるのです。

 

もしあなたが取り組んでいるPPCアフィリエイトがこのダンジョンだとして、
あなたはそのダンジョンの入り口しか見えておらず、

 

深く突き進んで行けばアフィリエイト報酬がゴマンと詰まった宝箱が存在し、
しかもそれは元々あなたが取れるべくして取れる報酬にも関わらず、

 

ダンジョンの攻略法がわからないばかりに指を加えて見ているだけだとしたら・・

 

 

私が今からPPCというダンジョンから黄金がザクザクと溢れる宝箱を探しだすための攻略法を3つのポイントからお話したいと思います。

PPC初学者にこそ知ってもらいたい稼ぐ本質と3つのポイントとは

私はPPCアフィリエイトのコンサルティングサービスも提供しているので、比較的経験の浅い初学者アフィリエイターとも親交があります。

 

彼らがPPCアフィリエイトを志した理由は実にさまざまですが、おおむね以下のような悩みを抱えているようです・・・。

 

・100個くらい広告を作ったけど、ちょっと売れてその後全然稼げなくなってしまった

・寝る間も惜しんでたくさん広告出稿したけど、赤字から抜け出せない

・どのASPもNG案件ばかりで、取り組めるものが少なすぎて困っている

・数少ないOK案件もライバルだらけで広告費が高騰して利益が出せない

・大雑把なメンテナンスしかできなくて、いつも損切り貧乏状態だ

・ライバルがほとんどいない安い広告費のキーワードが知りたい

・実際に成約に結びついたキーワードが知りたい

・PPCの基礎は学んだけど、今後どのように取り組んだらいいのかわからない

・月10万円でも稼げたら毎月の住宅ローンにあてられるのに

・PPCで長期に収入を得たい

 

こうした悩みや課題に対して、彼らに私がいつも言っているのは、まずは「3つのポイント」を押さえてしまえ!ということです。

 

その3つのポイントとは・・・

  • 【ポイント1】初心者のうちにライバルだらけの市場から抜け出す術(すべ)を身につけよう!

     

    もっとも稼ぎやすい商標名キーワードだけに依存していては、 ライバルで飽和してしまうのは至極当然。
    ライバル不在の独壇場の作り出すために、「脱・商標名キーワード」はもちろん、 キーワード、広告文、LPに一貫性をもたすことで、狙ったユーザーの心理を鷲掴みにして 「見た目」の飽和状態から脱却することができます。
  •  

  • 【ポイント2】ミリ単位での広告費管理術を学ぶことで、常勝パターンを構築し、損切り貧乏から脱却しよう!

     

    いかに売れる商品を見つけても、それ以上に広告費がかかってしまっていては PPCをやる意味はないというもの。
    Yahoo!プロモーション広告の〇〇〇〇〇〇を徹底的に使いこなし、 さらには〇〇〇〇〇〇ツールを使ったメンテナンス術とを合わせることで、 ザル化したPPCを全面的に改革します。
  •  

  • 【ポイント3】取れる利益は確実に根こそぎ回収し、無限レベルで利益を最大化させよう

     

    売れる商品を見つけさえすれば、 あとは「どこで」「どのように」売るかのバリエーションを拡げさえすれば 売上は2倍、3倍へと増やすことはいとも簡単なのです。
    しかも、広告費が十分の一程度になるならやらない手はありません。

いわゆる「単純PPC」からの脱却こそが爆収のカギ

変化のスピードが著しいPPCアフィリエイトの市場で、 相も変わらず商標名キーワードに固執した単純PPCだけでは"お先真っ暗" なことぐらい、賢明なあなたなら既に察知していることでしょう。

 

事実、一時期は月収数十万、百万円以上といった実績を上げてきた人ですら、今や月2〜3万円しか稼げなくなってしまった、なんて話は珍しくもありません。

 

では、「商標名キーワード」というのは、それほど悪いことなのでしょうか?

 

いいえ、「商標名キーワード」自体は、良いも悪いも無いのです。

 

今後もPPCで稼ぎ続けるためには「商標名キーワード」は必須であると私は考えています。

 

現に今も私は、まず手をつけ始めるのは商標名キーワードのPPCです。

 

なぜなら、商標名キーワードでの出稿が最も早く成果が出るからです。

 

もちろん案件にもよりますが、商標名に入札するだけでもある程度の利益を出すことは、今でも充分可能です。

 

つまり、PPCアフィリエイトで最速最短で稼ぐには、商標名キーワードは絶対的であり、それがPPCの定石であることは揺るぎようのない事実なのです。

 

しかし、その一方で、単なる商標名キーワードだけの「単純PPC」で、市場の変化に対応できるか?といったら、それは大嘘になります。

 

従来型の手法では、単に商標名で出稿しておいて、あとは利益の取れる案件を残し、そうでない案件を止めるといった、「単純PPC」に終始していたと言っても良いでしょう。

 

ですが、ハッキリ言って、現状としてどのASPも商標名NG案件で溢れかえり、なおかつ、数少ない商標名OK案件がライバルがひしめき合ってしまっては、どんなに広告を大量出稿したとしても、「単純PPC」だけで終わってしまっては、永続的な利益は期待できません。

 

一過性ではなく永続的に稼ぎ続けたければ、商標名キーワード戦略は当然のこととして、「PPCというダンジョンの攻略」の要素が必要不可欠なのです。

 

残念なことにほとんどの方が、この「PPCダンジョン攻略法」に気づかずに、単なるルーチンワークの「単純PPC」で終わってしまっているのが実情です。

 

幸い私は、比較的早い時期に「PPCダンジョン攻略法」の要素に気づくことができました。

 

なので、今こうしてあなたに向けてメッセージを送っています。

 

これをきっかけに、あなたも気づいてください。

 

商標名NG案件で溢れ、稼ぎやすいOK案件市場はライバルがひしめき合い、潰し合いの様相を呈すなかで、いかにして勝ち抜いていくのか、、

 

「単純PPC」手法で"たまたま"報酬の上がった案件のみを残し、"たまたま"赤字になったサイトを削除する・・・。

 

そんな旧式な"出たとこ勝負"の戦い方では、先行きは暗いと言わざるを得ません。

 

これに対して、 これから私が説明する「PPCダンジョン攻略法」さえ知っていれば、暗闇の中ですらアチコチに明るい灯がともっていることに気づくことでしょう。

 

何も考えていない"旧式"の単純PPCでは、その「灯り」(=利益)に気づくこともありません。

 

もったいないとは思いませんか?

 

本当にもったいないんです。

 

私は、もったいないことが大嫌いです。

 

これは「社畜」と言っても良いほど、無駄に時間を会社に捧げてきた、私のサラリーマン時代の経験によるところが大きいと思います。

 

せっかく、PPCアフィリエイトに出会って、独立して、自由になったというのに、何が悲しくて無駄な時間を費やさねばならないのでしょう?

 

残念ながら、旧式の単純PPCしか知らない人は、せっかく大きな可能性のあるビジネスをしているにもかかわらず、私のサラリーマン時代と大差ない「時間の無駄づかい」をしている可能性があります。

 

それを避けるにはやはり、「PPCダンジョン攻略法」をしっかり身につけるべきだと思うのです。

3年前の私は絶望という名のただの社畜でした

はじめまして、寺田です。

 

妻と2人の子供を持つ元サラリーマンです。
私は3年ほど前にアフィリエイトに出会い、参入を決意したわけですが、それ以前の私は 「社畜」という言葉が誰よりもピッタリくるショボくれたサラリーマンでした。

 

当時の私の生活は、毎日朝6時過ぎには家を出て満員電車に揺られ会社に向かい、帰宅するのは夜9時、10時。
職種こそ行政事務関係でしたが、その実体は本当にひどいものでした。

 

サービス残業、休日出勤は当たり前で、どんなに身を粉にして働いても、昇給どころかあれこれと理由を付けられては毎年給料をカットされつづけ、さらには年々加速する人減らしに対して、それに反比例するかのように業務量は増えるばかり。

 

どんなに会社に体制の改善を求めても、所詮、社員を奴隷としか見ていない会社側は聞く耳など持ってもくれませんでした。

 

こんな最悪の職場環境の中、社員全員が肉体的にも精神的にもすでに限界を越えており、お互いに仕事を押し付け合い、責任から逃れたい一心で仲間同士がいがみ合い、罵り合う光景は日常茶飯事。

 

疲弊するあまりうつ病になり休職する仲間があとを立たず、復帰もできないまま会社を去ることになった同僚たちも数知れず。

 

彼らの後釜はすぐには補填されず、その分会社に残った者たちへの負担は常識の範囲をはるかに超え、さらなる休職者、退職者の続出が繰り返されるだけの、 まさに地獄のような毎日でした。

 

当時私は2人目の子供が生まれたばかりでますますお金が必要だったため、会社を辞めるどころか休むことも出来ませんでした。しかし心身ともにとっくに限界を越えており

 

いったい自分は何のために生きているのか?

 

我が身を犠牲にしたまま、いつまでこんな生活が続くのか?

 

いくら愛する家族のためとはいえ、本当に自分はこんな人生を望んでいるのか?

 

いやそんなはずはありません。

 

自分はこんな人生を望んではいないのです。

 

私はどうやったらこの生き地獄から抜け出すことが出来るか、毎日そればかり考えるようになりました。

会社に依存せずに生きるすべが欲しかった

しかし何の資格も技術もない私がサラリーマン以外で収入を得ようと思っても、せいぜい書店で見つけた株式の投資本でにわか勉強してみたり、資産もないくせに収益不動産投資のセミナーに顔を出してみたりとそんな程度でした。

 

当然、そんな中途半端なことでお金が稼げるはずもなく、経済的自由を手に入れて会社を辞めるなど夢のまた夢でした。

 

「所詮自分は会社の歯車となって、月数十万円の給料を得ることぐらいしかできないのか!こうして毎日会社にすり潰されながら人生を終えるしかないのか!」

 

半ば諦めかけていたある日、いつものようにお金を稼ぐ情報を求め、ネットサーフィンしていた時、とある不動産投資家がアフィリエイトで投資の初期費用を捻出したという記事を見つけました。

 

不動産投資の初期費用と言えば少なくとも一千万円くらいは必要です。

 

「えっ!一千万も稼げるの!アフィリエイトっていったい何!?」

 

その内容にすっかり興奮しまくった私はパソコンに向かって大きく身を乗り出し、かぶりつくように夢中で記事を読みつづけました。

 

そして、株や不動産のように大きな自己資金がなくても、パソコンひとつあれば月に数十万、数百万と稼げてしまうアフィリエイトという世界を知って、思わず「これだ!!」と叫んでしまいました。

 

これが私とアフィリエイトとの最初の出会いです。

甘くなかった、40の手習いで始めたアフィリエイト

それからというもの、アフィリエイトに関する情報サイトをいくつもいくつも見て回り、情報教材と呼ばれるものを購入して、知識をむさぼり続けました。

 

そしてアフィリエイトを知った3ヶ月後には、集中的に取り組むために塾への参加も決意しました。

 

当時の私のパソコンスキルといったらせいぜいワードとエクセルが少し使えるといった程度で、塾など早過ぎるかなと多少ためらいもありましたが、私は一日でも早くこの地獄のような日々から抜け出したい一心でしたから思い切って参加を決めました。

 

しかし現実はそんなに甘くはありませんでした。

 

その塾はメルマガとブログを教えてくれる塾でしたが、ワードプレスやHTMLの知識もない私にサイトやブログが作れるはずもなく、また、まともに文章を書いたことがない私にメルマガなど書けるはずもありません。

 

つまりアフィリエイトのスタートラインにすら立つことが出来なかったのです。

 

「畜生!今度もダメか!」

 

私は自分の無力さに悔しさを噛みしめることしかできませんでした。

 

そんなある日、私にとって奇跡的な出会いが起きました。

 

それこそがPPCアフィリエイトとの出会いです。

 

当時の私はアフィリエイトといえばサイトかメルマガしか知りませんでしたし、そのどちらかに取り組まなければいけないものだと思っていました。

 

自分の勝手な思い込みからアフィリエイトのハードルを上げてしまっていたのですが、
PPCアフィリエイトはブリッジページと呼ばれる、バナー画像と数行の文章だけの簡単なサイトと、たった3行の広告文が書ければそれで成立します。

 

この衝撃の事実を知った私はその日からPPCアフィリエイト一本に絞ることにしました。

 

まずはブリッジページを作るため、ネットから無料でテンプレートを入手しました。初心者の私は手順書を見ながら恐る恐るHTMLを編集し、FTPというソフトでサーバーにアップロードを試みました。

 

今思えば単なる初歩的な作業ですが、最初は全然うまく行かず何度も何度もやり直しました。

 

何度目かの挑戦ののち、やっと自分が作ったサイトがインターネット上に掲載された時は本当に感動したのを今でも憶えています。

 

こうして私はPPCアフィリエイトの最初の一歩を踏み出すことが出来たのです。

ついに夢が叶う瞬間がキター!

その後、サイト作成と広告出稿を何度か繰り返し、PPCに慣れてきた私が次に挑戦したのはスマートフォンでのPPCアフィリエイトでした。

 

当時まだまだ参入者の少なかったスマホ市場は、まさにブルーオーシャンで、十数件ほど広告出稿した段階で初報酬を上げることが出来ました。

 

これがまさに転機となり、スマホPPCでの初報酬に気を良くした私は、来る日も来る日もサイトを作りまくり広告出稿し続けました。

 

その結果として、スマホPPCを開始した初月にしていきなり10万円の報酬を叩き出し、二ヶ月目の報酬は30万円を越えました。

 

「このままで行けば月50万円くらいはあっという間に稼げる!これでもう会社を辞められる!これであの悲惨な社畜生活から永遠に開放される!」

 

自由な人生に手が届いたまさにその瞬間でした。

自由への切符を手に入れたと思った矢先、またしても試練が!

ところがです。この後信じられない事態が起こってしまうのです。

 

これからPPCアフィリエイトに参入する、もしくは参入して間もないあなたには、今から私がお伝えする内容こそ聞いていただきたいのです。

 

なぜなら私と同じ失敗をしてほしくないからです。

 

ネットで自動的に稼ぐ仕組みを手に入れた私は完全に慢心していました。

 

それも致し方ありません。ほっておいても毎月口座にお金がザクザクと振り込まれるのですから。

 

しかしその慢心こそが大きな落とし穴となりました。

 

ある時期を境に月数十万以上あったPPCの売り上げが、なぜか少しずつ減っていったのです。

 

「なぜ減っていくんだろう、稼ぐ仕組みが完成したはずなのに、なぜ・・?」

 

その時の私は全く理由がわかりませんでしたが、

 

「今月はたまたま売上が落ちただけ。来月はきっと元に戻るはずさ。」
と根拠もないのに楽観視していました。

 

しかし翌月になっても翌々月になっても売り上げが戻るどころかどんどん減っていく一方です。

 

ついには損益分岐点に達するまでに一気に落ち込んでしまいました。
つまり広告費が売上を上回ってしまったのです。

 

ここまで落ちると一旦PPCからは撤退せざるを得ません。わけも分からず天国から地獄へ一気に突き落とされた気分でした。

 

「アフィリエイトで稼いでサラリーマンをリタイアするはずだったのに!何でこうなるんだ・・・」

 

今ならなぜ売上が減ってしまったのか容易に理解できます。
簡単です。私が市場の変化に対応できなかった、ただそれだけです。

 

どういうことかというと、例えばAという商品をアフィリエイトしていたとします。

 

当初は順調に売上が上がっていても、

季節が変化してその商品の需要が減ったり、競合商品の登場によって注目度が落ちたり、
検索ユーザーの悩みとズレが生じたり、他のライバルの台頭により市場が飽和したり、


と様々な理由で以前のようには売上が上がらなくなるのです。

 

PPCの利益は広告費と売上とのバランスですから、バランスが崩れたら利益どころか損失だけが残ります。

 

こうして市場の変化に対応することが出来なかった(変化に気づこうともしなかった)私は、PPCという市場から締め出されてしまったのです。

 

そしてこの世界では市場をよく観察し、変化に対応出来るものだけが生き残り、それを怠たるものはやがて淘汰され消えていくしかない、ということを嫌というほど思い知らされました。

検索ユーザーの気持ちを理解することがキッカケでした

当時の私のPPC広告の回し方は極めて単純なものでした。

 

商品名キーワードを部分一致の設定で広告を回し、利益が出ているうちは広告を回し続け、赤字になったら損切りする、ただこの繰り返しです。

 

こんな単純な方法でも十分に利益は取れていました。

 

しかし前述したとおり、それも長くは続かず利益は序々に減少していき、やがて広告費が売り上げを上回るようになってしまったのです。

 

一体どうすれば良いものか?私は悩みました。

 

悩んだ末に私が着目したのは、

「単純に商標名キーワードを使うだけの、『単純PPC』から何とか脱却できないだろうか?」

という点でした。

 

実はこの思考こそが「PPCダンジョン攻略法その1」なのです。

 

御存知の通り、PPCで最も簡単に成約が取れるのは商標名キーワードです。 これは誰もが認める事実です。

 

ただし、それゆえに商標名キーワードはライバルでひしめき合い、潰し合いが起こっているのが現状で、これでは充分な利益を取るのは難しい、と言わざるを得ません。

そこでまず思いついたのが、
仮に商標名キーワードを使うにしても、ユーザーの欲望を一直線に販売サイトまで導く ストーリーテリング手法を取り入れることで、

ライバルがウジャウジャ溢れるレッドオーシャンにおいてさえ、「実質的なライバル不在地帯」を作り出してしまうことです。

この手法のメリットは、 想定するターゲット以外のユーザーからの無駄クリックを避けることで、広告費を抑制するとともに、

どんな人にどんな価値を届けるのか、といったマーケティングの根幹を軸にした広告出稿術を取り入れることで、

並みいるライバルを尻目に、成約率をハンパなくアップさせることにつきます。

ここでは簡単な例でお話ししますが、
商標名キーワードで広告出稿しながらも、後述する検索クエリーを活用しつつ、
その商品のことをもっと具体的に調べようとしているキーワードがないか、探してみました。

 

すると、こんなキーワードで検索されていることがわかりました。

「商品名+正規品」。

 

この検索をしたユーザーはその商品の正規品を探していると判断できます。

 

それならば「商品名+正規品」というキーワードを完全一致で設定し、広告文とブリッジページは「正規品」を探している人に呼びかけるような内容のものを作りました。

 

こうすることで検索ユーザーに、
「あなたの探している情報はここにありますよ」と一貫してアピールすることができ、

途中で離脱すること無くスムーズに販売主のセールスページにまで辿り着いてくれる、と考えたからです。

 

私の狙いは見事に的中し、ユーザーの具体的な欲求(キーワード)と広告文、ブリッジページとの関連性を深めることで、

広告のクリック率と販売主のセールスページへの誘導率が格段に向上し、より少ない広告費でより多くの成約を取ることにつながりました。

 

穴だらけのザルPPCからの脱却

次に私が着目したのが、先程も少しお話した「検索クエリー」の存在です。

私はキーワードのマッチタイプを部分一致で設定しておりましたので、設定したキーワード(私の場合は商品名を設定していました)以外にも検索されているはずです。

 

その中には購入につながらないキーワードや全く関係がないキーワードも含まれているのでは、 と考えました。

 

もしそんなキーワードでクリックされていたら無駄な広告費を使っていることになります。

 

それを調べる方法として、PPC広告の特徴の一つでもある検索クエリーという機能を使いました。

 

※実際の「検索クエリー一覧」の画像です。

 

 

 

上の画像の赤枠内を見てください。

検索クエリーを使うと広告をクリックしたユーザーが実際に検索窓に入力したキーワードがこのように確認できるのです。

 

さっそく私はヤフープロモーション広告にログインし、検索クエリーの管理画面をじっくりと眺めてみました。

 

今までそれほど真剣に見たことがなかった検索クエリーですが、じっくり見てみると、様々なキーワードで検索されているのがわかります。

 

そして私の予想どおり、「きっと購入する気はないだろうな」と思われるキーワードも含まれていました。

 

一例を挙げさせていただくと、「口コミ」や「評判」といったキーワードです。

 

なぜユーザーはこのようなキーワードで検索したのでしょう?

 

ユーザー心理になって考えてみたところ、おそらくこの商品が気になっているのは確かだけど、「本当に買うに値する商品だろうか?」と疑っているのではないかと思われます。

 

だからこそ、購入したことがある人の口コミや評判が気になったのでしょう。

 

このような考えから、「これらの検索キーワードは成約に結びつきづらいのでは」と判断できます。

 

また、他の例ですが、全くの別商品を検索しているキーワードが含まれていることも判明しました。

キーワードマッチタイプを部分一致に設定しているため、ヤフー側のシステムがキーワードと関連あり、と判断すればこのような現象も起こってしまいます。

もちろんこのキーワードも成約に結びつくとは思えません。

 

検索クエリーを確認して無駄クリックと判断できるキーワードが見つかったら、ヤフープロモーション広告の機能の一つである、「対象外キーワード設定」を施すことで今後そのキーワードで検索されても広告が掲載されないようにします。

 

広告が掲載されなければ購入意思のない人にクリックされることもありませんからね。

 

このようにして1案件ずつ丁寧に検索クエリーをチェックしては、対象外キーワードを設定し無駄な広告費を抑えていきました。


さらには、検索クエリーをしっかり見ることで、より効率的なPPC運用が出来る事がわかった私は、利益が出せずに損切りしてきた案件についても見直すことにしました。

 

私は通常、「広告費>報酬額」となった時点で機械的に広告の配信をストップします。


このやり方自体は間違ってはいないと今でも自負しておりますが、全く売れなかった案件ならまだしも、1件でも売れた案件であれば随分もったいなかったことに気が付きました。

 

先ほどの例のように、検索クエリーをじっくり読みこんで対策をすれば、継続して利益が出せる案件に生まれ変わる可能性があるからです。

 

事実、結構な数が売れるにもかかわらず、広告費がかさんだためやむなく損切りした案件が、対策を取ることで継続的に利益が出せる宝箱案件として見事に生まれ変わりました。

関連キーワードは絶対マスターすべきPPCの必須科目

さらに、商標名キーワードからの脱却に、どうしても外すことができないのが、
関連キーワードの攻略
です。

ですが、関連キーワードPPCといえば、キーワード選定だけでも多種多様、さまざまな方法があり、 一つのキャンペーンに数十〜数百、ときには1000個以上のキーワードを入札することもあります。

さらには、それらのキーワードに合致させた広告文やLP(ランディングページ)も用意していく必要があります。

考えただけでも複雑怪奇、気の遠くなるような作業とスキルを要求されるのが、関連キーワードPPCなのです。

確かに、関連キーワードPPCは言うほど簡単に習得できるものではないことは、周知の事実です。

ですがそれゆえに、活用しきれている人も少ないというのも、これまた事実です。

そうであるならば、関連キーワードPPCをマスターすれば、それだけでチャンスが拡がるのは言うまでもありません。

先程も少し触れましたが、関連キーワードPPCというと、何十個から何百、何千というキーワードを出稿するのを想像されるかと思います。

そして、それらのキーワードを見つけるのはとても大変で、さらには出稿・管理するのも一苦労、

「だから関連キーワードPPCは苦手なんだ」という方も少なくないのです。


ですが、もしある程度やり方が決まっていて、システマティックに一気に広告出稿まで完了させられるとしたら、 随分とハードルが下がるのではないでしょうか?

実は私は、「とにかく、いち早く広告出稿」することをPPCの最優先事項にしていて、事実そうしています。

なぜなら、本来、PPCは広告出稿してからが「本番」ですから、なにをおいても、まずは広告出稿しないことには、駄目なキーワードも有望なキーワードもわかりませんし、そもそも報酬が発生することもありえません。

だからこそ、深く考えることなくシステマティックな方法を採用してでも、とにかく広告出稿することを最優先にしているのです。

そして、実際に広告を回しながら、駄目なキーワード、有望なキーワードのふるい分けして、広告文やLPを改善していきながら、どんどんPPCの精度を高めていくのです。

少し余談になりますが、サイトアフィリエイトの経験がある方はご存知かと思いますが、
サイトアフィリの場合は、検索需要の多いビッグキーワードから、検索数の少ないロングテールキーワードと呼ばれるものまで、 とにかくたくさんのキーワードでアクセスを集めます。

なぜなら、単純にアクセスを集めれば集めるだけ、報酬発生のチャンスが拡がるからです。

ですが、PPCの場合、何でもいいからと闇雲にアクセスを集めてしまう、というのは得策ではありません。 理由は、広告費がかかるからです。

ですので、最初こそ数百個レベルのキーワードに入札するにしても、 その後のメンテナンスがとても重要で、成約に結びつかないキーワードはどんどん削っていかねばなりません。

そして最終的には、「1キーワード=1広告文=1ランディングページ」にまで絞り込み磨き上げるのが理想的な形態で、 それこそがもっとも効率的よく利益をあげられる、関連キーワードPPC運用法なのです。

常勝パターンを生み出す正確無比なミリ単位の錬金術とは

さて、あなたはPPCアフィリエイトで、ほぼ100%利益を出す方法があるとしたら、その方法を知りたくはありませんか?

その方法とは、実際に成約まで結びついたキーワードを把握することです。

だってそうは思いませんか?
実際に成約に結びついたキーワードがわかれば、そのキーワードだけに集中すればいいのですから。

もっと言えば、成約に結びついたお宝キーワードの発掘とともに、成約に結びつかないムダなキーワードを炙り出すことです。

もしこれが実現できるとしたら、ムダな広告費は極力排除し、取れる利益は最大限に確実にモノにできる、究極のPPCアフィリエイトが展開できます。

ただし、水を指すようで申し訳ないんですが、
確かに、ムダなキーワードについては検索クエリーをじっくり観察することでも、ある程度は把握することができます。

しかしながら、
実際に成約に結びついたキーワードかどうかについては、どれだけ検索クエリーをつぶさに眺めてみたところで、把握することはできないのです。

さらにもっと恐ろしい事実があることをお伝えします。

キーワードの中には、クリック率も高く、検索クエリー等で確認しても「これは成約に結びつく有望なキーワードに間違いない!」と確信していたキーワードが、

実はサイト直帰率が限りなく100%に近く、全く成約に結びついていなかった、なんていうケースもあるのです。

これは検索クエリーはもとより、Yahoo!プロモーション広告の管理画面では全く把握することはできません。

冒頭で期待をさせるようなお話ししておきながら、非常に残念ではありますが、これは紛れも無い事実なので受け入れるしかありません。

まったくもって恐ろしいことです。

ですが、

ぜひ安心してください。

100%とは言い切れないまでも、かなりの高い精度で、それらのキーワードを把握することができる、唯一の方法があるのです。

その方法とは、アクセス解析ツールを導入することです。

アクセス解析なんて言うと、「難しそうでとても使いこなす自信がない」という方もおられるかもしれません。

しかし、見るべきポイントさえ理解すれば、何も難しいことはありませんし、

そもそも、アクセス解析の威力は絶大なのです。


まずはこちらを御覧ください。


これは実際に成約に結びついたお宝キーワードを、アクセス解析のデータから分析、導き出した結果です。

お宝キーワードが把握できるということは、そのキーワードに一点集中することで、高確率で利益を積み重ねることが可能となるので、 もはや勝ちが約束されたのも同然、ということを意味します。

さらに、こちらですが、


クリック数も多く、「有望なキーワードに間違いない」と思い込んでいたキーワードが、実は直帰率が100%だったことを示すデータです。

このような質の悪いキーワードをすぐさま削除することで、致命傷にもなりかねない事態を早期に回避することができます。

このように、アクセス解析ツールをフル活用することで、全くムダのない、ミリ単位のメンテナンスを施すことができるようになり、

常勝パターンを築き上げるとともに、今までのような損切り貧乏からも脱却することができるのです。


これこそが「PPCダンジョン攻略法その2」です。

見込み客は絶対逃さない、売上No.1営業マンPPC

さらに、売れるとわかった商品を「一つの市場」だけでしか収益化しないというのは、もったいなさ過ぎます。

せっかくYahoo!プロモーション広告を使っているのなら、他にも使えるものがあればどんどん使っていくべきです。

具体的には、現在、スポンサードサーチで収益が上がっている案件があるのなら、YDN(ヤフーディスプレイネットワーク)広告も併用すべきです。

YDNというと、さまざまな広告形態があり、運用方法も複雑で、
いわゆるリスティング業者と呼ばれる、「ネット広告のプロ」でないと、 使いこなすのは無理なんじゃないかと思われるかもしれません。

確かにYDNを使いこなすのは、口で言うほど簡単なことではありません。

ですが、何もYDNの全ての広告形態を使いこなす必要はないのです。

YDNの中には、スポンサードサーチとの相性がバツグンに良い広告形態があり、 その広告を併用することで、すでに売れてる案件をさらに2倍、3倍へと利益を積み重ねることが可能となります。

その広告とは、「サイトリターゲティング」と呼ばれるもので、

一度でもあなたのサイト(ランディングページ)に訪れたことがあるユーザーだけを対象に、 まるで追撃・狙い撃つかのごとく追跡して、何度も何度も広告を表示することができるのです。

これが意味することがおわかりでしょうか?

例えば、商標名で検索してきたユーザーに対して、スポンサードサーチ広告を使ってランディングページに誘導できたとしますよね?

ですが、いかに商標名での検索ユーザーは成約率が高い、とはいえ、初回の訪問で購買まで至るのは、残念ながらほんの一部のユーザーだけです。

残りの多数のユーザーは、購入に至らないまま離脱していき、そして基本的には二度とあなたのサイトに訪れることがないのが現実です。

決して安くない広告費を支払っているにもかかわらず、非常にもったいない話です。

この手紙の前半でも言いましたが、私はもったいないことが大嫌いなのです。

では、どうしたら良いのか?

先ほどお話した、YDNの「サイトリターゲティング」を使うのです。

一度でもあなたのサイトに訪問したことのあるユーザーに対して、YDN広告を何度も見せることで、 再訪を促すのです。

もともと、商標名で検索するくらいだから、基本的に購買意欲は高いはずです。
それならば、広告を何度も見せることで、購買意欲を思い出させてあげるのです。


これは、前回離脱してしまって購買に至らなかったユーザーはもとより、 すでにその商品を購入した人に、リピーターになってもらう効果も期待できるのです。

これって、スポンサードサーチ以上の訴求力を持った広告だと思いませんか?
まさに、メルマガのごとく攻撃力すら秘めているといってもいいでしょう。


しかも、広告費はスポンサードサーチの十分の一程度で済むこともあるのですから、やらない手はありません。

実はYDNの破壊力を理解している人は、まだまだ少数派です。

それゆえに、YDNの市場はまだまだブルーオーシャンなのです。

であるならば、YDNに参入すべきなのは、まさに「今」なのです。

これが「ダンジョン攻略法その3」です。

狙って利益を最大化させる方法

さらに私は、利益が出る商品についてはもっと成約数が伸ばせないか、と考えました。

 

あなたはPDCAサイクルという言葉をご存知でしょうか?

 

PLAN(仮説)、DO(実践)、CHECK(検証)、ACT(改善)の頭文字をつなげた言葉ですが、つまり実践結果を検証することで問題点をあぶり出し、問題解決するための仮説を立ててそれを実践する。

 

さらにその結果を検証し、新たな仮説を元にしてさらに実践をする。これを繰り返すことで、成果が出る精度を高めていく手法のことです。

 

言葉だけを聞くと何だか難しそうなイメージがありますが、PDCAという言葉を意識していないだけで、あなたは普段の会社の仕事でも普通にやっているはずです。

 

あなたは会社の業務をより効率的にこなすために、試行錯誤を繰り返しては、一番早くて一番成果が出せる方法を、毎日模索していることでしょう。

それこそがPDCAなのです。

あなたはすでにPDCAのやり方を熟知しているのです。

あとはそれをPPCに当てはめてみるだけ、なのです。

私が実際に取り組んだPDCAの例でお話しますが、広告のクリック数を倍にすれば成約数も倍になるのでは、といった仮説を立てて試してみました。

 

クリック数を増やすには、今より上位に広告表示させるのが一番手っ取り早いですが、そのためにはキーワードの入札単価を上げなければなりません。

 

入札単価を上げれば今より広告費がかかりますが、 それ以上に利益が出れば問題ありませんし、それで利益が増えるならみすみす逃す手はありません。

 

入札単価を上げながらクリック数と成約数の関係を睨みつつ、広告費とのバランスを見て利益が最大化するポイントを探すのです。

 

このように試行錯誤を繰り返しPDCAを実践することで、以前のような「単純に商品名キーワードで、ただPPCを回すだけ」の時に比べたら、はるかに効率的に利益を上げられるようになりました。

 

V字回復までの軌跡

さて、ここまで私のPPCの取り組みについて、お話ししてきましたが、

勘のよい方なら今私が述べてきた「PPCダンジョン攻略法」を聞いただけで、赤字から黒字への転換はもちろん、利益率を大きく改善することも可能です。

 

事実私もこの攻略法を実践した結果、一時は転落しましたが、今ではこれくらいの報酬が稼げるようになりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに私は縁あって、今日までに70人以上の方に私のPPC手法を教える機会に恵まれ、ほとんどの方に結果を出していただいておりますが、その中には 2ヶ月目にして発生報酬が100万円を超えた 生徒さんもいらっしゃるほどです。

 

 

 

ダンジョンPPCネオがあなたの悩みを解決します

それでは本教材である【ダンジョンPPCネオ】の具体的な内容について、ポイントごとにお話したいと思います。


本教材は私の前作である、「ダンジョン攻略法トレジャーハントPPC」のヴァージョンアップ版にあたります。


前作のトレジャーハントPPCが、全くのPPC初心者のための教材であったのに対し、

【ダンジョンPPCネオ】はPPCを始めて数ヶ月くらいが経ち、ここまでお話してきたような壁にぶつかって悩んでいる方に向けて制作した教材です。


ですので、脱・PPC初学者を目指す方はもちろん、これからPPCを始める方であっても、大いにお役立ていただける内容となっています。

【第1章】ストーリーテリングPPC編

  • ストーリーテリングPPCとは
  • ユーザー像からのキーワード選定
  • Q&A型PPC攻略術
  • ストーリーテリング比較サイトPPC
  • 比較サイト×インフォ
  • 比較サイト×オプトイン

もし、今あなたがPPCで稼げていないとしたら、「ユーザー目線」が抜け落ちている可能性があります。 マーケティングの原点である、「誰に」「どんな価値を」「どのようにして」の要素は、全て「ユーザー目線」を基本に構成されています。ユーザー目線を抜きにしては、どんなビジネスのマーケティングも成立しません。 もちろん、PPCも例外ではありません。 徹底したユーザー目線と導線の一貫性こそが、高成約率を叩き出すストーリーテリングPPCの真髄です。

【第2章】検索クエリー攻略編

  • 検索クエリーを制すものはPPCを制す
  • 広告費を抑えるもっとも簡単な手法
  • 検索クエリーから有望なキーワードを探す
  • 検索クエリーから関連キーワード戦略へ
  • ネガティブキーワードでも成約が取れた例
  • 狙って稼ぐPPCアフィリエイト
  • 今後のPPC〜ペラサイト規制対策について

ひしめき合い潰し合うPPC市場において、他を尻目に出し抜いていくには、 ライバルが見落としている部分にこそ着目すべきです。 他の人が上っ面だけを見て分かった気になっているとしたら、それはむしろチャンスというもの。 玉石混交の市場をもっともっと深く掘り下げて観察することで、 自分だけのお宝を見つけ、まさに「狙って稼ぐ」、勝ちが保証されたPPC運営が可能となるのです。

【第3章】ステップバイステップ型7step関連キーワードPPC戦略編

  • 関連キーワードPPCは必須科目
  • step1案件の選定
  • step2販売サイトからキーワードを拾う
  • step3検索結果からキーワードを拾う
  • step4口コミ情報からキーワードを拾う
  • step5Q&Aサイトからキーワードを拾う
  • step6キーワードツールで拡張する
  • step7Yahoo!プロモーションから広告出稿

PPCで圧倒的優位に稼いでいくためには、 商標名キーワードだけに依存していてはもはや限界。 稼ぎの切り口を無限に拡大するためには、全方位型の関連キーワードPPCのマスターは必須です。 多種多様な関連キーワードPPC戦略を身につけるためには、 まずは基本形を学ぶべきです。

【第4章】ルーティンワーク方式クイックキーワード選定法

  • 超簡単な関連キーワード選定法
  • 軸キーワードを見つける
  • 軸キーワードを中心に関連キーワードを見つける
  • 見つけた関連キーワードを拡張する
  • 検索ボリュームを調べる
  • 取得した関連キーワードをPPC広告に入札する

どんなビジネスであっても、行動に移さないかぎり、 稼ぐことは永遠に不可能です。これは関連キーワードPPCであっても同じこと。 行動するために敢えて思考を止めることで、ルーティンワーク方式で手を動かすシステマティックな方法を紹介します。

【第5章】ミリ単位分析アクセス解析メンテナンス編

  • 高成約率セグメント式関連キーワードPPC構築術
  • 究極絞り込み型広告メンテナンス術
  • Winキーワード発掘アクセス解析活用術

PPCで稼ぎ続けるためにもっとも重要なスキルは、高度な数値解析とミリ単位のメンテナンスに尽きます。 実際に成約まで導いたお宝キーワードの探り出しと、広告費ばかり食い荒らす悪質キーワードを暴きだす、 Yahoo!の管理画面だけでは決して知ることができない、 プロのリスティング業者並のハイレベルメンテナンス術を習得してください。

【第6章】YDNサイトリターゲティング編

  • あなたはPPCで利益が確保できていますか
  • YDNをおすすめする理由
  • YDNとはどんな広告なのか
  • サイトリターゲティングとは
  • YDNのアカウント開設とサイトリターゲティングの運用方法

売れる商品が見つかったのなら、さまざまな市場でマネタイズ展開することで、 倍々ゲームで利益を拡大すべきです。 複雑なYDN広告の中でも、見込み客だけをピンポイントで狙い撃つ「リタゲ」広告は メルマガに匹敵する攻撃力を秘めています。 ましてや、広告費が十分の一程度に抑えられるのなら、やらない手はありません。

【第7章】必勝キーワードツール20撰

  • 中長期に稼ぐためのトレンド分析ツール
  • 関連キーワードの発掘ツール
  • 複合キーワードの拡張ツール
  • 連想キーワードの展開ツール
  • 売れ筋かどうかを見極めるマーケットリサーチツール
  • ライバル広告の中身を丸裸にするのぞき見リサーチツール
  • 予算にあったキーワードが一発でわかるクリック単価リサーチツール

その他、基本的に無料で使えるものばかりを集めた、絶対使うべき必勝ツールを20個紹介します。

PPCほど狙って稼げるアフィリエイトは他にありません

PPCで稼ぎ続けるための唯一のコツは、実践した結果を分析しまくることです。

 

実はPPCアフィリエイトはとても分析に向いています。
ヤフープロモーション広告の管理画面では、インプレッション数、クリック数、入札単価、広告費など様々な数値が計測できますし、ASPの詳細レポートからもアフィリエイトリンクのクリック数、コンバージョン数などが計測できます。

 

さらには、アクセス解析ツールを導入することで、常勝キーワードや悪質キーワードまで把握することができます。

 

これらの数値を分析し、

 

・成約数を倍にするのはクリック数を倍に増やせばいいのでは?
・クリック数を倍にするにはインプレッション数を倍に増やせばいいのでは?
・インプレッション数を倍に増やすには入札単価をいくらまで上げればいいのだろう?

 

このような様々な仮説を立て実践と検証を繰り返すことで、「売れる案件」を「さらに売れる案件」へと育て上げることが可能なのです。

 

これらの仮説・検証は、一見、地味でつまらない作業に思われるかも知れません。
しかしどんなビジネスも、分析なくしては利益を生み出すことはできません。

むしろ、分析こそがビジネスの「本番」なのです。
PPCももちろん、例外ではありません。

分析のやり方は、この「ダンジョンPPCネオ」でしっかりお伝えしていきます。

だからあなたは、「あなただけの売れる案件」でこっそり利益を積み上げていけばいいのです。

 

さらに重要な話をしますが、
あなたはPPCアフィリエイトを実践していくなかで、こんな疑問を持ったことはありませんか?

 

・どんなキーワードに入札したらよいかわからない
・入札単価をいくらにしたらよいかわからない

 

よくあるPPC教材には、キーワードは「商品名+通販」などで設定しましょう、とか、
入札単価はアフィリエイト報酬の20分の1にしましょう、とか、
このように書かれてあるのをよく目にします。

 

私自身も、もし聞かれたらこのように回答することはありますし、それが間違いだとも思っていません。

 

しかし、教材に書かれてあることを「これが正解だ」と錯覚を起こしてはいけません。

 

これはあくまでPPC広告を回し始める初期段階の仮説にすぎないのです。


この仮説に基づいて実践し、出てきた結果に対して検証し、次の仮説を立てる。そしてその結果に対してさらなる仮説を立て実践する。この繰り返しによってPPC広告の精度を高めていくのです。

 

検証を重ねていく過程で成約が取れた場合、その時の数値をしっかり分析することで、例えば成約数を倍にするためにはどの数字をどうすればよいのか、がわかってくるのです。

 

これこそがまさに狙って稼ぐスキルというものです。

 

このスキルを身につけることが出来たらPPCにかぎらず、メルマガアフィリエイトでもサイトアフィリエイトでも、数字さえ拾えたら何にでも応用が効かせられます。

 

PPCの場合、それらの数字が非常に拾い易いので、すぐにこのスキルを活用できるのです。

 

想像してみてください。

 

・今出稿している案件を「狙って100件成約させる」ことができるとしたら・・
・いくらくらい広告費を投入したら、いくらくらい利益が取れるのかが、最初からわかったとしたら・・

 

これってまさに錬金術だと思いませんか?

 

もちろん同じパターンが未来永劫続く保証はありません。これはPPCに限らずどんなアフィリエイトでもどんなビジネスでも同じです。

 

何故なら市場は常に変化しているからです。

 

ですが、普段から数字を意識して検証・改善の繰り返しを習慣化していれば、ちょっとした変化であってもあなたが見逃すことは有り得ないでしょう。

 

これはつまり別の言い方をすれば、危険察知能力が極限まで高まっているとも言えます。

 

危険察知能力も含め、市場の変化を敏感に察知できる能力を持っている人と持っていない人とでは、確実に訪れる未来が違います。

 

持っている人は常に市場の中で勝ち続けることができ、持っていない人は仮に今稼げていたとしても、次の瞬間には全く稼げなくなり、退場を余儀なくされてしまいます。

話をまとめましょう

未来永劫的に狙って稼ぐスキルを身につけるには、繰り返し何度も実践を重ねること。

 

ただしそれは決してルーチンワークで行うものではなく、仮説と検証を意識して繰り返すことで、PPC広告の精度を高めていかねばなりません。

 

そしてより多くの案件を実践し、より多くの「あなただけの勝ちパターン」を見つけ出すことで、どんなに市場が変化しようとも稼ぎ続けることができるのです。

 

今回私がご提供させていただく「ダンジョンPPCネオ」では、
ストーリーテリングPPC手法、
検索クエリーの活用法、
関連キーワードPPC戦略、
アクセス解析をフル活用したメンテナンス術、
YDNを使った市場拡大法を中心に、
どのように仮説・検証を行えば良いのか、具体的な事例を交えた解説とともにお伝えします。

 

そしてさらに、今この手紙を見ていただいている方限定で、スペシャル特典をプレゼントします。

 

今この場でご購入いただくと、こちらの4大特典もお渡しいたします!

ライバルたちが知らない、今稼げる旬の案件を見つけだす極秘スクリーニングメソッド

アフィリエイトだからこそロケットスタートが重要!ライバルたちが知らない、今稼げる旬の案件を見つけだす極秘メソッドをお教えします!
PPCは案件の選び方を間違えるといくら頑張っても成果につながりません。スタートで躓くことなくライバルたちに圧倒的な差をつけるために、今稼げる旬な案件を見つけ出す方法を動画で解説致します。

商標名NG案件を商標名で入札する小技

商標名NGだからといって、完全に諦める必要はありません。!
ASPの隙をかいくぐり、Yahoo!プロモーション広告の「あるツール」を使いこなすことで、 成約率の高い商標名キーワードを、ライバルよりもはるかに安い入札単価で 出稿することが可能となる、逆転思考の荒技を動画で解説致します。

一発逆転発想!ダブルインカム鬼技PPC手法

稼いでいる人がかならず持っている一発逆転発想!ダブルインカム鬼技PPC手法! PPCの最大の悩み事といえば初期費用、つまり広告費の捻出ですね。
PPCはその特性上、必ず最初は赤字になることを受け入れなければなりません。
そんな悩みを一発逆転発想で解決し、さらにPPCの成約率をも高めることができる、まさにダブルインカムを実現する鬼技を動画にて解説致します。

爆裂デュアルターゲットオプトインPPC手法

正直、この特典をお付けするかどうか迷いました。 なぜなら、みんながこれをやり始めたら、せっかくの静かなブルーオーシャンが 荒れ狂うレッドオーシャンに変わり果ててしまうからです。
ですが、この手法は少々面倒なため、やり方を知ったとしても実践にまで至る人はごく少数だと思いますので、敢えて公開します。
「自分は他の人とは違う」と自負する本気の方にだけ、 ぜひとも「PPC+リストマーケティング」の破壊力を体感していただきたいと思います。

※特典につきましてはご購入後、【ダンジョンPPCネオ購入者通信】にて順次配布致します。

※画像は商品イメージです。

ダンジョンPPCネオ

  • PDF全250ページ
  • 動画収録時間98分
  • スペシャル4大特典付き

通常価格:¥30,000

特別限定価格:  
お申込みは今すぐこちらから

Q&A

対象外キーワードに設定した方がよいキーワードとはどんなものがありますか?

この手紙でも少し触れておりますが、購入に結びつきづらいネガティブキーワードを排除することで広告費抑制につながります。
例えば「口コミ」「評判」「解約」「被害」「副作用」などがそれにあたります。
ただし、これらのキーワードが必ず購入に至らないとも言い切れず、そうでないケースについても教材の中で実例を上げて解説しております。

検索クエリーってそんなに重要なのですか?

検索クエリーとはPPCプレイヤーだけに与えられた最強の武器と言っても良いでしょう。
いわばユーザーの頭の中を直接覗きこむことができる唯一無二のツールです。
ユーザーの検索ワードがわかるということは、ユーザーの心理を把握できるということですから、それに合わせた対応を取ることで成果は大きく変わってきます。

検索クエリーを見ないと稼げないのですか?

検索クエリーは無駄なクリックを誘発するキーワードを見つけるだけでなく、成約率の高いキーワードの発掘にも欠かせないツールです。
PPCの利益を最大限に高めるためには避けては通れません。
ぜひこの機会に見識を深めていただきたいと思います。

メンテナンスの管理とPDCAとはどう違うのですか?

どちらも管理画面の数字を分析することですが、メンテナンスは赤字案件を切り捨てるための管理、PDCAは黒字案件の利益をさらに伸ばすための施策、このように位置づけています。

PPCはマッチタイプを部分一致にするのが普通なのですか?

いえ、完全一致やフレーズ一致でも大丈夫です。
むしろ低リスクを優先させるなら、当面は完全一致を継続しPPCに慣れておくことをお勧めしています。
これなら、入札したキーワード以外では検索されることもクリックされることもありませんので安心です。
ただし、本教材で最もお勧めしているのは「検索クエリーから有望なキーワードを探しだす」ことです。
そのためにはフレーズ一致か部分一致にする必要があり、より幅広くキーワードを拾っていくなら部分一致が望ましいと言えます。
本教材では、その際のリスク管理について明らかにしています。

どんな案件でもお宝キーワードが見つかりますか?

ユーザーからの興味関心が多く寄せられている商品であれば様々な検索クエリーが見つかりますが、興味関心が薄ければあまり期待はできません。

私のヤフー管理画面では検索クエリーが何も表示されませんが?

検索クエリーは表示期間をある程度長く設定しないと表示されない場合があります。
ヤフープロモーション広告の管理画面にて「表示期間選択」を「全期間」で選択するなどして再度確認してみてください。

何度か関連キーワードPPCに挑戦したことがありますが、結局何をどうしていいのかわからず、最後は挫折してしまいます。
こんな私でも関連キーワードPPCがやれますか?

はい、大丈夫です。
経験があるのならご存知かと思いますが、関連キーワードPPCのやり方は多種多様に存在します。
それゆえに、「結局何をどうすればいいのかわからない」ため、挫折してしまう方が多いのは事実です。
本教材では、初めての方でも理解できるように、もっとも基本的な関連キーワードPPCの進め方を7つのステップで解説するとともに、とにかくいち早く実践することのみを目的とした、 さらにシンプルでシステマティックな関連キーワードPPCのマニュアルも別途用意しております。
また、関連キーワードのみならず、複合キーワード、連想キーワードなど、 さまざまなキーワードを見つけるためのキーワードツールを集めた、「必勝キーワードツール20撰」も別途用意しております。

私は数字が苦手で分析には興味がありませんが、分析をしないと稼げないのですか?

私の経験上、ガチガチに数字を分析しなくても利益を出すことは可能ですが、長くは続きません。やがて利益は出なくなるでしょう。
そのときに「なぜ利益が出なくなったのか?」を知るためには分析をするしかありません。
また、分析することで利益が大きく変わるのなら普段から分析をする癖をつけておいたほうが得策というものです。

ヤフーの管理画面やASPの管理画面は数字だらけですが、しいて言えばどれを見ればいいですか?

クリック数、広告費、成約数、この3つの数字が分析の柱になります。
メンテナンスの基本である「損切り」もこの数字が基準になりますので、最低でもこの3つの数字は意識してください。
なお、教材内でも解説しておりますが、PPCでしっかり利益を出すためには、アクセス解析ツールでしかわからない分析結果を取得する必要があります。
これは非常に大事なことなので、敢えてはっきり言いますが、アクセス解析を使っていないというだけで、PPCをやるうえでは圧倒的に不利だと言わざるを得ません。
本教材を購入するかしないかは別として、アクセス解析ツールは必ず導入することを強くおすすめします。

私はPPCを始めてまだ半年くらいで、スポンサードサーチしか使ったことがありません。
YDNにも興味があり、少しだけ勉強してみましたけど、複雑すぎて理解ができず、 とても使いこなせる気がしません。
それでもやっぱりYDNは使ったほうがいいのでしょうか?

おっしゃるとおり、YDNは多種多様な広告形態が存在し、相当複雑ですから使いこなすには かなりの修練が必要です。
ですが、本教材で紹介する「サイトリターゲティング」だけであれば、それほど難しくはありませんし、サイトリターゲティングはスポンサードサーチとの相性が抜群にいいうえに、広告費も十分の一程度で済むことだってありますから、やらない手はありません。
「難しそう」という理由でみんなが敬遠するのなら、ライバルを出し抜く意味でも、 なおさら取り組むことをおすすめします。

自分は一日2時間位しか作業する時間が取れませんが、それでも月10万円稼げますか?

はい。たとえ2時間でも毎日コツコツ積み重ねることで結果は出ます。
どの程度の期間で月収10万円を稼げるようになるのは個人差があるかと思いますが、この教材を手がかりにしっかりと取り組んでいただければ目標とする収入への道筋をイメージしていただけることでしょう。
諦めることなく少しずつでもサイト作成・広告出稿に集中してください。

仕事が忙しくて平日は全く作業が出来ませんが、それでも稼ぐことは出来ますか?

はい可能です。平日に1分も作業できなければ、その分休日に作業を行ってください。
時間はかかりますが少しずつでも前進さえしていれば報酬はあがります。
ただし、何もやらなければ絶対に何も生まれません。
作業が「無」なら結果も「無」です。
どんなに小さな一歩でも、積み重ねることで必ず結果はついてきます。

なぜルーチンワークの作業だけではダメなのですか?

ルーチンワークとは表面的な部分だけをみて、ただ同じ作業を繰り返すことを指します。
同じ作業をするにしても、「今やっている作業にどんな意味があるのか?」ということを常に考えていないと市場が変化した時に対応できなくなります。
抽象的な話になりますが、物事の本質を見る目を養うことが大切です。

事例の通りそのまま実践すれば稼げるようになりますか?

紹介事例はあくまで私が実験的に取り組んだことの「結果」にすぎません。
事例をそっくりそのまま真似るのではなく、考え方を真似ていただき、それをご自身が扱っている案件にあてはめてみてください。

私は40過ぎのサラリーマンです。時間がない上にこの年令からでもアフィリエイトなんてできますか?

はい、できます。少しずつでも作業を行い前進し続ければ結果は出ます。
私自身も40過ぎてからアフィリエイトを始めましたし、50代、60代でもPPCで稼いでおられる方は実際に多くいらっしゃいます。

本当にどんな時代にも対応出来るのですか?

誤解を恐れずに言うならば、「時代の変化に対応する思考法」を身につけないとPPCに限らずどんなアフィリエイトでも稼ぎ続けることは難しいでしょう。 逆に言えば、今のその思考法を身に付ければ、今後どんなアフィリエイトやビジネスに取り組んでも容易に稼ぐことができます。

【追伸】PPCアフィリエイトはゲームです

結局私は、PPCはゲーム攻略みたいなものだと思うわけです。

 

広告費を抑え、利益を改善する具体的な方法についてお話してきましたが、扱う案件全てがこのように上手くいくわけではありません。

 

当然、全く売れなければ損切りするしかなく、寧ろ8割以上の案件はこの運命をたどるのが現実です。

 

では、残る2割をどうやって見つけたら良いか?ですが、これはもうとにかく何百という案件を広告出稿していくのが、遠回りのようで実は最短距離です。

 

迷ってるくらいならやったほうが早い、という理屈です。

 

ですが、とにかく大量に広告出稿するというのは、つらいとか大変といったネガティブなイメージがあるのも否めません。

 

確かに最終的には稼ぐことが目的ですから、特に成果が現れないうちは毎日の作業が不毛に感じられても仕方がないかも知れません。

 

だからこそ、遊び心を持ってPPCに取り組んでいただきたいのです。
PPCはもっと楽しんでやるものです。

 

こんな案件をやったら売れるだろうか?
こんなキーワードに入札したらアクセスってくるのかな?
ライバルがウジャウジャいるけど、どんな広告ならライバルを出し抜けるかな?
もしかして広告費を倍にしたら状況が一変するかな?

 

などなど、色々と楽しみながら実験をしてみてください。

 

成約がないと全てが無駄だったと思いがちですが、全くそんなことはありません。

 

成約まで至らなかったとしても
クリックが何件あったとか、インプレッションが何件あったとか、
これだけでもあなたがやっていることが全くの的外れではない証拠なのです。

 

子供の頃、ファミコンにのめり込んだ経験は誰にでもあると思います。
結果がどうこうより、好奇心いっぱいでゲームをすることそのものが楽しかったのではないですか?

 

そしてゲームを攻略するためにあなたはどうしましたか?

 

ゲームをやりまくりましたよね?
何回も何回もチャレンジしましたよね?
ボスキャラを倒すにはどんな技や魔法を使おうか考えまくりましたよね?
奥深い真っ暗な闇の中で宝石箱を手に入れるために、勇猛果敢に何度もダンジョンの罠にチャレンジしましたよね?

 

PPCも同じですよ!PPCはゲームみたいなものです。

 

どんなキーワードでインプレッションが多いのか?
インプレッションがあるのなら次はどうやってクリックしてもらおうか?
クリックがあるのなら次はどうやって成約に結びつけようか?
お宝を2倍、3倍に増やすにはどうしたらよいか?

 

作業と思わずにゲーム攻略の感覚でPPCを楽しんでください。

 

ゲームというものは変化がつきものです。
新作のゲームが前作と全く同じ、なんてことは有り得ませんよね?
常に新たな難題、ダンジョン攻略が待ち受けています。

 

ですがその変化の攻略こそが楽しくてたまらないのではないですか?

 

PPCもゲームですから変化への対応を楽しめる人がゲームでもPPCでも勝ち続けるのです。

 

そして、この感覚を掴むことこそが、私がここで何遍も繰り返し言っている、【PPCダンジョン攻略思考】なのです。

 

「楽しむ」という感覚を忘れると、良いアイデアは生まれません。

 

「楽しむ」という気持ちに切り替えた途端、あれほど無機質に感じていたPPCアフィリエイトの作業がまったく違うものに見えてきます。

 

ぜひ、そこから、黄金がザクザクと溢れる宝箱を探しだす思考を手に入れ、あなただけの勝ちパターンをたくさん見つけてください。

 

あなたのPPCダンジョンには報酬というお宝がザクザクと眠っているのです!

 

【PPCダンジョン攻略思考】の掴み方は、本教材の中でしっかり伝授します。

 

この教材が、必ずやあなたのお役に立つことを確信しています。

※画像は商品イメージです。

ダンジョンPPCネオ

  • PDF全250ページ
  • 動画収録時間98分
  • スペシャル4大特典付き

通常価格:¥30,000

特別限定価格:  
お申込みは今すぐこちらから