今だけ無料プレゼント中!

今だけ無料プレゼント中!

詐欺商材ぶった斬りサイトの誹謗中傷はチラシの裏にでも書いておけ!

rubin

よく、「〇〇は詐欺師だ」とか
「〇〇は再現性のない詐欺教材だ」とか、

これでもか!といわんばかりに
他人様を批判しまくるサイトを見かけますが、

いわゆるそんな「ぶった斬りサイト」について
あなたはどう思われますか?

他人をこき下ろして自己満足に浸りたいのか、
はたまた
A教材を買わせるためにわざとB教材を貶めるのか、

どんな意図があるのかはわかりませんが、
情報というのは価値があってこそ
人様の目に触れられるべきだし、

単なる誹謗中傷がしたいだけなら
チラシの裏にでも書いて捨てておいた方がいいです。

もし相手から訴えられても
文句は言えませんからね。

どうしても「それ系の発言」がしたいのなら
最低でも2つの条件は兼ね備えておくべきです。

1つ目は
「代替案を提示できること」

例えば、教材の中身について批判をするのなら、

「この教材の〇〇の部分は初心者には再現が難しいので
自分ならこうする」

といったように
必ず自分の考えを述べるべきです。

読んだ人がその代替案に共感したり、
共感しないまでもあれこれ思考を巡らせたりすることで
初めてその情報に価値が宿ります。

2つ目は
「多くの言葉を持っていること」

これは口数や文字数が多いとかではなく
発信者自身が多くの「言葉」を知っている、
ということです。

人は言葉によって心を揺さぶられたり
感銘を受けたりします。

そして人はそんな
自分に潤いを与えてくれる素敵な言葉に触れたいからこそ
色んな情報を求めます。

だから他人様の批判をするなら
それ以上に人を感動させられるだけの言葉を
持っているべきだし、

その自負がないなら
批判などすべきではないですね。

まぁ言葉を多く持っているからといって
他人様を否定していいわけではありませんが、

持ってないにも関わらず
やれ「詐欺師」だの、やれ「インチキ」だの
そんな貧弱な言葉を並べたてても滑稽でしかありません。

ただ、本当に色んな言葉を知っている人というのは
他人の批判とかそんなことには使わず、

困っている人に手を差し伸べるような
そんな使い方をしますけどね。

コメントを残す