40代の社畜サラリーマンでさえアフィリエイトで脱サラできたブログ

h61

h61

PPCに限らずマーケットインの考え方なくしてはアフィリエイトで稼げません

time 2016/10/16

PPCに限らずマーケットインの考え方なくしてはアフィリエイトで稼げません

マーケットインとプロダクトアウト
って言葉がありますけど、

これは
顧客目線(マーケットイン)
を持たずして、

生産者目線(プロダクトアウト)
だけでは、

モノで溢れている今の時代では
何も売ることができない
ってことです。

だから、

「ワシの作る商品はいいものだから
絶対売れる!」

みたいな
昭和の頑固オヤジみたいなこと言ってちゃ
ダメなんですよね。

アフィリもリアルビジネスも
市場(見込み客)は何を欲しているのか
を聞くことが大前提であって、

それを聞いてから
何を作るのか、何を売るのかを
決めるのです。

まぁ市場に聞くと言ったって
街角アンケートみたいなのを
やらなきゃいけないわけでもなく、

例えば
キーワードの検索ボリュームを調べる
というのも、

マーケットインを意識したリサーチ
なんですよね。

当たり前のことを言ってますけど
実はここをサボってる人が結構多くて、

自分が使ってるキーワードの需要を
ちゃんと把握できてないんですよ。

これをやらずして
自分の価値観だけでキーワードを選んでいたら
プロダクトアウトと同じです。

売れもしない商品を
売れると信じきってる
昭和の頑固オヤジと何ら変わりません。

PPCにおいても
入札すべきかの目安に
検索ボリュームは欠かせません。

例えば
月間検索ボリュームが3000の
キーワードなら、

1日あたり100インプレッションは
出せる計算になります。

で、
実際いくらで入札するかは
アフィリ報酬との兼ね合いがありますが、

仮に最大限に出せる単価で
入札したにもかかわらず、

1日20、30程度のインプレッションしか
出ないのなら、

そのキーワードは他のライバルたちも狙っている、

つまりは競合が多すぎる強すぎる
ってわけです。

そうなると、
利益が出せないキーワードという判断で
入札を諦めるわけですが、

検索ボリュームのチェックは
そういう時の判断基準にも使えるわけですし、

把握できてなければ
判断すらできないことになります。

ちょっと話がズレましたが、

売りたい商品を選ぶ時も
使うキーワードを選ぶ時も、

市場に求められているモノを選ばないと
そもそも売れないし、

マーケットインの考えに基づいた
このあたりの準備ってのは、

やり過ぎくらいにやっとかないと
あとの作業が全て無駄になりかねません。

準備8割
ぐらいでちょうどいい感じです。

 

h62

h62

down

コメントする




管理人


アラフォー寺田:
元サラリーマン。絶望の社畜生活からの脱却すべく、アフィリエイト・ネットビジネスの世界に飛び込む。PPCをはじめ、サイトアフィリ、メルマガアフィリ、インフォプレナーとして活動するなか、2014年、念願のサラリーマンリタイアを実現する。
アラフォー寺田のプロフィールはこちらから

5Step Speed Affiliate

5Step Speed Affiliate

PPCアフィリエイトの基礎中の基礎スキルから、売れ筋案件を縦横展開することで多次元に渡り無限に拡大する戦略までをも幅広く解説した、入門者向けPPCアフィリエイト教材!今だけ3大特典プレゼント中!詳細はこちら

コンテンツメーカーPERFECT

コンテンツメーカーPERFECT

インフォビジネスで毎月コンスタントに7ケタの収益を上げ続ける唯一の方法とは?「コンテンツ」「集客」「セールス」の全てを網羅した、究極のインフォプレナー教材!このブログ限定の21大特典付き!詳細はこちら

エッジプラスワン

エッジプラスワン

関連キーワードPPCをやるなら、比較サイト・ランキングサイト専用テンプレートのエッジプラスワンがオススメ!今なら特典で「クローズドASP特単ゲットマニュアル&Yahoo!完全攻略シークレット動画」をプレゼント中!詳細はこちら